高見屋敷  ~渋茶爺の戯言~

shibutya.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 11月 ( 25 )   > この月の画像一覧


2010年 11月 30日

「大倉山でJUMP!」(1)

2008年 1月
FIS W杯一日目
北海道在住の某カメラ女史(弟子3号)との話の中で、大倉山でワールドカップのジャンプ大会があるとの事。
「早速、溜まりに溜まったマイレージの有効利用とばかりに航空券を手配し、
 4日後には大倉山で憧れのジャンプ撮影と洒落込んだ!」
だって、一度でいいから生でJUMPを観たかったんだもん!!!


  渋茶爺は札幌オリンピック70m級(宮の森ジャンプ場)で、金、銀、銅の全てのメダルを独占した
  日の丸飛行隊(笠谷、金野、青地の3人で表彰台を独占した)
  「さあ笠谷! 金メダルへのジャンプ!!」
  「飛んだ! 決まった!! 見事なジャンプ!!!」
  の名アナウンスでをリアルタイムでテレビ観戦しており、
  異常に興奮した事を今でも克明に覚えている。





初めて観るJump!
しかもナイター!!

テレビ中継とは違い、眼の前10m先を飛んでいくジャンパー(防寒着ではない)を眼にした時は感動!!
「眼前を跳んでいくジャンパーの風切り音」
流石に、テレビ中継では感じられませんね!!
とにかく凄い!
凄すぎる!!
あの高さから飛び出すなんて!
たぶん、彼らの口からは涎が、鼻の穴と耳の穴からはアドレナリンがダラ~っと流れてる筈。
(爺があんな事したら(高所恐怖症の為)両足は震えでしゃがみ込み、
 白目向いて、キ○○マが縮んだまま失禁すること請合い!
 それとも、突然上目づかいで口を半分開け涎をたらしたまま「あはあはあは・・・」と
 意味不明の笑みを浮かべ何処かに走り去ってしまうかも・・・)
北海道在住の某カメラ女史と合流し
-13℃なんて微塵も感じず、懐炉も使わず、寒さで指先の感覚がなくなる迄、
ただただシャッターを切り続けたのだった。

b0199944_2092764.jpg

b0199944_19482014.jpg

b0199944_19481278.jpg

b0199944_19482771.jpg

b0199944_1948347.jpg

EOS-1D MarkⅢ
EF70-200mm f2.8L USM

b0199944_1948524.jpg

EOS-1D MarkⅢ
EF300mm f4L IS USM


そこで、一言
「やっぱ、f4じゃ暗い!f2.8は必要だな!」
やっぱ、この距離は「300mm しかない!」
(おいおい、500mm買うんじゃなかったのかい!)
おおお「EF300 f2.8 IS は69万円」で買える!
「『ひゃくまんえん』より31まんえんも安い!!」
厳冬の星空下、大倉山で口から涎を垂らしながら眼を爛々と輝かせ引き攣った笑みを浮かべ
小学生でもわかる価格比較に独人感動する爺がいた。
(周りの人は見てはいけない物を見たように、目線を逸らし歩き去っていった・・・・)
そんな渋茶爺を憐れに思ってか、
それとも、このまま大倉山の寒空に捨てておいたら、冷凍渋茶爺が明日の朝刊を賑すのを予見したのか
某カメラ女史のやさしい心遣いで、口から涎を垂らしながら眼を爛々と輝かせ引き攣った笑みを浮かべたまま
無事ホテルに送り届けられ、事なきを得たそうな。

当の渋茶爺は発狂寸前だったので、全く記憶がないのであった。
[PR]

by shibutya | 2010-11-30 20:31 | 回顧録
2010年 11月 29日

「大和魂」

『人には命をかけても守らねばならない一分がある』
今の日本人にはそれすら無くなったのかなぁ~
[PR]

by shibutya | 2010-11-29 22:37 | ぼやき
2010年 11月 28日

FMX(2)

FMXのリクエストがありまして・・・
今回は連続写真で貼付け
b0199944_054859.jpg
b0199944_0541795.jpg
b0199944_0542379.jpg
b0199944_0543082.jpg
b0199944_0543793.jpg

おだてに弱い渋茶爺・・・

EOS-1D MarkⅢ
EF70-200mm f4L IS USM
[PR]

by shibutya | 2010-11-28 00:55 | モータースポーツ
2010年 11月 27日

2010 HBC杯 バンクーバーオリンピック最終選考会

在庫放出

もうすぐ、こんな写真が撮れる!
ワクワク


神風ジャンパー 葛西紀明
大倉山バッケンレコード 145m タイ記録の大ジャンプ

渋茶爺はその瞬間を共有できたことに感激!!
b0199944_10265498.jpg

b0199944_0492070.jpg

此方は、岡部孝信
b0199944_0503388.jpg

EOS-1D MarkⅢ
EF300mm f2.8L IS USM

FISCHERが3本!!
(渋茶爺もアルペンとテレマークはFISCHER USER!! 嬉 嬉!!!)
b0199944_21334410.jpg

EOS-1D MarkⅢ
EF24-105mm F4L USM
[PR]

by shibutya | 2010-11-27 10:28 | スポーツ
2010年 11月 26日

「 初売り 」

2008年の正月は別に何処に出掛ける訳でもなく、寝正月を堪能していた。
正月らしく、初売りにでも出かけようかとおせちとお餅で布袋様状態(大黒様状態とも言う)の爺も
重い腰をあげ(重いおなかの間違いじゃろが!)柄にもなく『初売り』と洒落込んだ。
街中は福袋や初売り景品を両手に下げた人があちこちに・・・
しかし、爺の目指す店は、いつものキ○○ラ。
店に入るなり例の店員がすっ飛んできて新年のご挨拶を賜った。
「初売りの目玉は?」の問いかけに「一般向けしかありません」との返答。
(おいおい、爺は一般人ではないのか?)
「40Dが○○万円になってますが、ここから○万円引きします」の言葉に
去年の秋にサブカメラのKissDNを強請り盗られ、
「サブカメラが欲しいシンドローム」に感染していた爺は
その場で「サブカメラが欲しいシンドローム」を発病してしまった。
この病気の特効薬は・・・・
またしても、「金色に光るプラスチックプレート」がその感染症を駆逐してくれた。
(爺に学習能力はないのか!)
b0199944_3173383.jpg

その翌日、40Dを衝動買いした乗りで、ヨ○○シに出撃!
店員(後輩)に凄みを効かせ今年の目玉を聞くと、
なななな なんと!
ポイント+15%のお正月企画
つまり、トータルポイント25%!!
憧れの『 EF500 f4 IS 』が実質たったの68万です。
98万がさんじゅうまんも安いたったの68万です。
(完全に金銭感覚はウオンと間違えていませんか?)
でも、今回はクレジットカードは使うまいと心に決めての出撃。
逸る気持ちをググッと抑え、『 EF70-200 f4 IS 』お買い上げ!
「やっぱ、冬山は防水仕様のレンズじゃなくっちゃ!」と、
1週間後のアルペン大会でのレンズデビューを夢見ている爺が怖い・・・・
40D用グリップ+予備バッテリーも一緒にお買い上げぇ~
500GBのHDDが12000円だったので、それもついでにお買い上げぇ~。

帰宅し、40Dに70-200 f4を取付け試し撮り。
(ちょっと、ちょっと!40Dは防水じゃないってば!)
40D一式と70-200 f4で○○万円使っていた事に、まだ気付いていない爺はやっぱり猿以下かもしれない。
[PR]

by shibutya | 2010-11-26 23:12 | 回顧録
2010年 11月 25日

2009 FPON in SUGO

在庫放出
b0199944_10192192.jpg
b0199944_1019311.jpg

in Liftしてる!!
b0199944_10193823.jpg

EOS-1D MarkⅢ
EF500mm f4.5L USM
[PR]

by shibutya | 2010-11-25 21:18 | モータースポーツ
2010年 11月 24日

「神棚のカメラ」(2)

カメラが到着してから1週間、爺の携帯の着信記録は全て彼女だった。
頼む!
取説読んでくれ!

3日程全く連絡がなく、少しは落ち着いたなと思っていた爺は・・・
やっぱり甘かった。
帰宅途中の車の中に彼女からのコールが・・・・
思わずザワッと血の気が引き、恐る恐る着信釦を押す。
「わぁ~ん! カメラ壊れちゃった!・・・・・
 シャッター切れないィ~ どうしようぉ~」
(普段小生意気だか、流石にこんな時だけは女性に戻れることを発見して
 悦に入る思考回路の微塵もない自分に嫌気がさす)
「AFが効かない」
「シャッターは切れない」
「画像が真っ黒」が発生症状の様で、
「AFが効かない」のは、レンズ側の切替スイッチがM(マニュアル)になっていただけ。
「シャッターが切れない」のはタイマーモードになっていただけ。
「画像が真っ黒」なのは、露出がアンダーになっていただけ。
すべて、ただの勘違い。
だから、取説読んでくれ!
思わず「3日程電話こなかったけどどうしたの?」の問いに
「少し触らないで置いておけば直るかと思って神棚に置いていた」との珍返答に、
爺は悶絶しそうになった。
(ゆとり教育とは「若年性脳軟化症」の原因かもしれないと、仮説を立ててしまう爺はきっと正しい)
そして、もう二度と弟子は採らない事を硬く誓う自分がいた。

お気楽人生まっしぐらの彼女はこれを機会にブログを立上げ、
ネタ探しにハーレーに跨り日々野山を駈けずり回っているらしい。
彼女なら、蝮に噛まれても、屁とも思わずエヘヘと笑いながら
あの世に旅立つことが出来るであろう。

しかし、彼女はどんな仕事をしているのであろう?
依然、謎の多い女性だ・・・・
そんな彼女の名誉の為にブログは伏せておこう
[PR]

by shibutya | 2010-11-24 11:47 | 回顧録
2010年 11月 23日

「神棚のカメラ」(1)

2007年のレースもほぼ終了し、今年取り捲ったデータ整理(レース毎にキチンとデータ整理しとけ!)に
葛藤していると、
某女性が、「カメラに目覚めた!」などとふざけた事をぬかしてきた。
「あのなあぁ~ お前なぁ~・・・・」
遠回しに、おまえにカメラは無理だ。
辞めとけと言っているのだが、一向に彼女には通じない。
仕方なしに、「お前にカメラは無理だ!」
「掛算九九の言えない奴にカメラは無理だ!」
(はたして、カメラと掛算九九とどんな関係が有るのかは爺にもわからない??)
しかし、怯む事を知らない彼女は
「言えるもん!九九・八一でしょ、七六・四五、八四・五六、六八・五二、・・・・」
よくもそこまで間違えるものだ。
流石に感心して聞き入ってしまった。
しばらくして、「最近の掛算九九って新作落語か?」と突込みを入れてやった。
(頼む!本当に小学校から勉強し直してくれ! 爺は本気で数珠を握って天を仰いでいた)
しかし、全く怯む様子もなく「やってみなきゃ判んないでしょ!」
ああ言えば上祐(古ッ!)
流石に若い女性は強い!
完全に自分を中心に地球が廻っている。
(所詮、掛算九九を自作してしまう才能の持ち主に爺が叶う筈はなかった)
(思わず「テポドンお見舞したろか!」と咽喉元まで言葉が出かけたが、
 彼女からの反撃のハルマゲドンが怖いので、口籠ってしまう気弱な自分が恨めしい~ィ)
端的に言えば「もう直ぐ誕生日で、何チャラからお金が入るので激安価格でカメラ譲って欲しい」とのこと。
まあ、美人に頼まれて嫌と言えないのは醜男の性。
b0199944_601513.jpg

お散歩カメラにしていた「KissDN(+グリップ+予備バッテリー)と18-200mm」を
セットで○万円で譲渡する事で落ちはついた。
[PR]

by shibutya | 2010-11-23 20:42 | 回顧録
2010年 11月 22日

「 浮気心 」

待て待て
「EF600 f4 IS は129万円」「EF400 f2.8 IS は114万円」両方とも
『ひゃくまんえん以上!』のレンズだし、
ドッチ道 手が出る筈はない!
EF300 f4 ISにEF×2では少し長すぎの感もあったし、EF300 f4 ISにEF×1.4では
「もう少し長さが欲しいシンドローム」に感染してたし・・・
そうだ!
『 EF500 f4 IS 』ならジャストサイズかも!
EF300 f4 ISとEF70-300 DO IS でISの恐ろしさを十分体感済みの爺は
「IS信仰信徒」であった事も手伝い
早速『 EF500 f4 IS 』購入に決定!!(完全にこの時点で、金銭感覚が麻痺している)
(この時点では、「EF500 f4 IS が購入希望第一候補に決定」が正しい)
でも『ひゃくまんえん(98万円)』なんて、逆立ちをしても出てくる筈はナイ!!
でも、やっぱり超望遠レンズが欲しい!
と「 EF500 f4 IS 」を半ば諦め次なるターゲットは『EF400 f4 DO IS(77万円)』
先ずは情報集めとネットと睨めっこが3ヶ月以上続いた。
(仕事もそれくらい気を入れていれば、サラリーマン負組み組長を襲名することもなかったのに・・・)
『EF400 f4 DO IS 』にはちと気になる部分があり、サンプル画像を探し捲っていました。
以前「EF70-300 DO IS」を使っていたことがあり、あまりDOレンズの色乗りが好きにはなれず、
またDOレンズ特有の角張ったボケが気に入らなかった。
そんな訳で『EF400 f4 DO IS 』は却下するに至ったのである。
しかし、1.94kgという脅威的な軽さに後ろ髪を引かれる思いだった。
DOレンズよ!
俺は信じているぞ。
「いつかきっとすばらしい軽量高画質レンズになって帰ってくることを!」
(あの時、後ろ髪を引かれすぎて頭髪が薄くなってしまったと爺は信じている・・・
 そんな訳ないだろうが!!)

そうこうしてる内に、やはり『 EF500 f4 IS 』の事が気になりだし、
「『EF400 f4 DO IS 』に浮気してすまん!」
「やっぱり、俺にはお前が必要だ!」と謝罪した半ば気のふれたことを口走る人間は
誰あろう爺であった。

EF500 f4 ISが4kg弱だから1DMKⅢと一緒に使っても5.4kg
EF300 f4 IS+1DMKⅢで2.8kgでいつも手持ちで一日中ブルンブルン振回してるんだから
その倍弱なんて軽い軽い!
その程度の重さ屁でもないワイ!
(小2の時に10kgブロックを頭の上まで持上げた怪力小僧だった。
 高1の時は、60kgのバーベルを力負かせで持上げて遊んでいたら
 下校時に柔道部、相撲部、陸上部の3年生が待伏せており、入部の誘いしきりだった
 応援団の誘いではカツ丼を御馳走になった事もあった・・・ここは警察か!
 そんなことは、どうでもいい!! )
その浅墓さが後日悲劇に繋がるとは夢にも思わずEF500 f4 ISを抱え
飛行機やレースの撮影をしている自分の姿を夢見、悦に入った爺がいた。
あああ~ あれは、たしか07年の秋だった・・・・
[PR]

by shibutya | 2010-11-22 23:37 | 回顧録
2010年 11月 21日

第25回 岩出山バルーンフェスティバル (2)

雲一つない空!
日本晴れだね!!
b0199944_10264052.jpg

屋根の向こうからバルーンが湧いてきた!!
b0199944_1027577.jpg
b0199944_10271290.jpg
b0199944_10272063.jpg
b0199944_10272860.jpg

田んぼの上に飛来・・・
b0199944_10292934.jpg
b0199944_10293774.jpg
b0199944_10302484.jpg
b0199944_10303040.jpg
b0199944_10303794.jpg

EOS-1D MarkⅢ
EF24-105mm F4L USM

b0199944_10311494.jpg

EOS-1D MarkⅢ
EF70-200mm f4L IS USM

b0199944_10312283.jpg

不時着しちゃった!!

b0199944_1043395.jpg

無事、再飛行していきました・・・・

EOS-1D MarkⅢ
EF24-105mm F4L USM
[PR]

by shibutya | 2010-11-21 10:47 | 飛行機