カテゴリ:飛行機( 23 )


2011年 09月 07日

最高の誕生日プレゼント(8)(サンダーバーズ飛来!)

高速で前を走る車のテールランプを見ながら、翌日は爺の誕生日・・・に気付いた。
『最高のプレゼント』に独人喜び勇む渋茶爺であった。
(ただ単に、自分の誕生日も忘れてる年齢になっただけってことでしょう!)

帰宅し、写真を見ながら
 ブルーとバーズのフライトは、もの凄くて、めっちゃくちゃ楽しかった!
 バーズ、また6~7年後ぐらいに飛来するのかな?
 また来てくれないかなぁ~!

 思いを馳せるが、その時爺は何歳になっているか考えると、
 やっぱりこれが最後のバーズかな・・・とも思うし、
 15年後の飛来だったら、渋茶爺は恐山経由でバーズと一緒に飛来しているであろう。
[PR]

by shibutya | 2011-09-07 06:39 | 飛行機
2011年 09月 06日

最高の誕生日プレゼント(7)(サンダーバーズ飛来!)

ショーストッパーの三沢のF-16デモ飛行を尻目に見ながら、
駐車場に向けて基地内を歩き出しました。
だって、シャトルバス待ち1.5時間なんて・・・・
それこそ、歩いた方が早いし、時折F-16も見れるし~
b0199944_20121446.jpg

b0199944_20123021.jpg
b0199944_20125124.jpg


b0199944_20154633.jpg
b0199944_20165100.jpg
b0199944_20162760.jpg

EOS-1D MarkⅢ
EF500mm f4.5L USM


三沢基地の外に出ると、門の外で婆ちゃんがケバいアイスを売っていた。
 婆ちゃんがへらで盛ってくれるから「ババヘラアイス」って言うんだけど
 秋田では俗に「ババヘラ」と呼んでますなぁ~



でもここでは「爆弾アイス」って書いてましたね!
「ババヘラ」を眺めながらそぞろ歩きで、駐車場に着き荷物を積み込み、
一服点けたとたん、けっこう激しい雨が・・・

「やっぱり、日頃の行いが善いだよなぁ~ 渋茶爺は・・・」
一人呟きながら、ふと気付いた。
早めにICに辿り着かねばぁぁぁ~
ナビ頼りに、幹線道に出ると

嗚呼 アアアアア ああああ ぁぁぁ~
オオオオ おおおお ぉぉぉぉ~
高台から2km先迄見え、其処は車の列、列、列・・・
こら大変だぁ~
人口4万3千人に満たない小さな街に
なんとその6倍の26万人もの観客が押し寄せたのであった。

困った時のナビ頼み。
高台から何本かの道が見えるのを幸いに、裏道設定!
ナビは下田百石IC迄、45分と計算した。
ところがその道路、ローカルの人も殆ど走らない農道。
いや、農道というより、畦道と言った方が早いかも???
そこはそれ、若い頃ダートラとラリーで培った運転技術があるじゃないか!とばかりに
ブッ飛び渋茶爺にヘンシィ~ン!!
50~70m右の幹線道は止まったまんま。
右からの視線が痛い!
あれよあれよという間に下田百石IC到着!
なんと、40分もかからずに到着してしまった。
途中、交通情報で八戸道で事故渋滞3kmとの事だったが、
“後は野と成れ山と成れ”
能天気な渋茶爺は一路高速へ・・・・
快調に高速を走行し事故現場の20km程手前に来ると、
交通情報は事故渋滞5kmと宣ふではないか!
延々、1時間半ノロノロ運転でフワぁ~ッと赤いテールランプの列が消えてきた!
やっと、渋滞から開放された。
[PR]

by shibutya | 2011-09-06 19:54 | 飛行機
2011年 09月 05日

最高の誕生日プレゼント(6) (サンダーバーズ飛来!)

52万個の眼がブルーとバーズに釘付けになった。

個人的な感想は(6番機のバードストライクで不発な面もあったが)ブルーはバーズより丁寧さと、繊細さがあり、
各演技を正確にキッチリとこなし、いかにも日本人的な印象を受た。
負けてない、負けてない!
フィギアスケートに例えるなら、ブルーは規定演技、バーズはフリー演技って感じかなぁ~。

b0199944_19491427.jpg
b0199944_19494375.jpg

EOS-1D MarkⅢ
EF500mm f4.5L USM

総論として、ブルーに若干のトラブルがあったものの、決して負けていない飛行技術を見せつけ、
日米アクロフライトの競演は非常に有意義だった。
天晴!!
[PR]

by shibutya | 2011-09-05 00:52 | 飛行機
2011年 09月 04日

最高の誕生日プレゼント(5) (サンダーバーズ飛来!)

ブルーの演技途中で6番機が着陸しちゃって、???状態だったが、
航空無線を傍受している隣のオタクが「バードストライク」と解説してくれた。
バーズの前で不運なアクシデントでした。
できることなら、フルショーを見せつけたかったー!
流石に6番機のいない「コークスクリュー」「オポジットコンティニアスロール」 「タッククロス」は寂しかった。
5番機、6番期などは、離陸と同時にスモークを焚いて凄い気合で急上昇してたもんね!
あんなの、松島基地では見たことねぇ~!!!
やっぱり、気合の入り方が違う!!!
そりゃThunderbirds VS Blue Impulseの意地はあるもんなあぁ~
お互いに

Blue Impulse

b0199944_1915285.jpg
b0199944_19155911.jpg
b0199944_19164192.jpg
b0199944_19171370.jpg
b0199944_19173920.jpg

b0199944_194244.jpg
b0199944_19422350.jpg

b0199944_19423850.jpg

EOS-1D MarkⅢ
EF500mm f4.5L USM

ブルーの展示飛行の後は、バーズの迫力いっぱいのフライトを見せつけ、大盛り上がり。
やっぱ、T-4とF-16では迫力が違うわ!

Thunderbirds
b0199944_19302999.jpg
b0199944_1931869.jpg
b0199944_19313836.jpg
b0199944_19321068.jpg
b0199944_19325085.jpg
b0199944_19331021.jpg
b0199944_19333030.jpg

b0199944_19365333.jpg

b0199944_1939050.jpg

b0199944_19373118.jpg

EOS-1D MarkⅢ
EF500mm f4.5L USM

最大速度マッハ 0.91とマッハ2.02じゃ、迫力は違わなけりゃおかしいよ。
 時速1114.75km/hと2474.5km/hの違い(マッハ1=1225 km/h)
 秒速309.65m/secと687.36m/secの違い。

 高速道100km/hで走ってる爺の約11倍のスピードがブルー、約25倍のスピードがバーズで、
 日本地図で考えると、
  最北を択捉島カモイワッカ岬(ロシア不法占拠中)、最東を南鳥島
  最南を沖ノ鳥島、最西を与那国島とすると
  南~北:3020Km、東~西:3143Km、北~東:2406Km
  北~西:3294Km 南~東:1892Km 南~西:1423Km の距離があるので、
  最長距離の、択捉島カモイワッカ岬~与那国島間をブルーとバーズが競争したら
  ブルー:2時間57分、バーズ:1時間19分で、バーズの圧勝です。
  ブルーがやっと与那国島に到着した頃、
  バーズは択捉島と与那国島を往復しカモイワッカ岬で一服中~
  ってなくらいのスピードの差があるんだもん!! 
 要は、バースの方がブルーより速いって言いたかった訳で。。。。
[PR]

by shibutya | 2011-09-04 23:49 | 飛行機
2011年 09月 03日

最高の誕生日プレゼント(4) (サンダーバーズ飛来!)

しかし、地モチーのオジサン、オバサンの陣地は凄い!
「オラが街のお祭りだぁ~い!!」的なノリで10時前から宴会が始まっているではないか!
ビール片手に重箱広げて、卵焼きやら、から揚げやら、地元青森の六片ニンニクの漬物まで・・・・
酔いに任せて「矢でも鉄砲でも持って来い!」とほざくと旦那に、「だから、戦闘機持ってきたでしょ」と突込みを入れた奥方は正しい。
相当出来上がった旦那は昼前に、仰向けに寝転がり大空を行き交う戦闘機の轟音にイビキで対抗していた。
実に恐ろしき青森人。

ベトナム戦争で北爆をしたあのB-52もグアムから航過飛行した。
で、デカイ!
デカスギル!!
しかも、B-52からパラシュート部隊の降下が・・・・

b0199944_19105654.jpg
b0199944_191169.jpg
b0199944_19112344.jpg

EOS-1D MarkⅢ
EF500mm f4.5L USM

もし、B-29が飛来したら「鬼畜米英!負けられません勝つ迄は!!」と大空に向って叫びつつ、
竹槍で天を突刺している渋茶爺の姿があったであろう。
[PR]

by shibutya | 2011-09-03 23:48 | 飛行機
2011年 09月 02日

最高の誕生日プレゼント(3) (サンダーバーズ飛来!)

そのまま真直ぐ歩くと、右手に遥々アメリカから飛来したサンダ-バーズと、
奥に青い我が日本のブルーインパルスが凛として出迎えてくれた。
(同郷のブルーには「おお、ブルー久しぶり」と心の中で呟く渋茶爺であった)

 バーズとブルー!!
 今年の競演は、この三沢だけでして。
 これだけ並ぶと流石に華やかだ!
b0199944_191729.jpg
b0199944_1912212.jpg
b0199944_1913916.jpg

EOS-1D MarkⅢ
EF70-200mm f2..8L IS USM

まだ、8時前だと言うのに、バーズ前には二重、ブルーの前には一重に陣取り合戦中!
渋茶爺は西側の滑走路に近い場所に陣地を設置し(「何でもレインジャケット(ビニール袋)」を広げて場所取りしただけ)、
朝の内は米軍機側はロープがなく御触りし放題だったのをいいことに、其処彼処の米軍機に手垢を付けて廻る渋茶爺であった。
折角、三沢迄来たんだから、滅多に見れない米軍機に興味を持つのは人の常。
ベタベタ機体に触り捲くったり、写真通り捲くっていると、あれよあれよという間に観客が増えて来るのがわかる。
b0199944_193147.jpg

EOS-1D MarkⅢ
EF16-35mm F2.8L USM
b0199944_1933332.jpg

EOS-1D MarkⅢ
EF500mm f4.5L USM

そろそろ、陣地に戻らねば・・・・

デッカイ米兵をhold-upさせたバズーカ砲を取り出し、準備万端整い何機か離陸する飛行機にピントを合わせ、右から左に振回す。
時々、左で何かぶつかる違和感を感じた。
カメラを下ろしてみると、レンズフードが隣のオタクっぽいオニイチャンの頭を直撃していたのであった。
ヤバぁ~・・・・
平謝りの渋茶爺にオニイチャンは、「気にしないで下さい」「よかったら、脚立貸しますよ」と脚立を差し出してくれた。
「最前列ですから・・・」と丁重にお断りをし、回りを見渡すと
本来、三脚、脚立の持込は禁止の筈なのに、其処彼処で脚立に乗ったカメラマンが。
それも、最前列にしっかりと陣取っているにも拘わらず!
「米兵は何をチェックしていたんだ」
(少なくても、松島基地では遵守されているのに)
何時ぞやの、鉄ちゃんの電信柱事件や、伐採事件よりはずっとましだが、もう少しマナーってものがあるでしょ!
「有料撮影会じゃないんだから!」
「一般の方々がメインなの!」
「バズーカ砲抱えてるから、かなり目立つけど、絶対数はカメラオタクの方が少ないの!」
言葉にして周りのカメラマンに言える訳も無く、一人胸の中で呟く内気な爺であった。
[PR]

by shibutya | 2011-09-02 23:56 | 飛行機
2011年 09月 01日

最高の誕生日プレゼント(2) (サンダーバーズ飛来!)

この門の中は、日本じゃないのか・・・
何かやらかして、ピストルで撃たれても治外法権で・・・・
覚悟して正門を突破する爺であった。
(自爆テロでも目論んどるんかい?!!)
当然、無料!
正門右脇には、シャトルバスを待つ人の群れがぁ~
爺もおとなしくその群れの中で5~6分待つと、お迎えのバスが・・・・

流石 USAF!
シートはビニール張りで、車内も車外もバスの色はカーキ色。
しかも、窓にはネットまで張ってある。
まるで、戦場の捕虜護送の様だった。
てか、ここは米軍基地なの!!
しっかし広い基地だこと。
基地の中は、ショッピングセンターもあり、おまけにバーキンまである。
バスに揺られて、バーキン前到着。
 三沢といえばバーキン!
 えっ!?
 最近はどこでも喰えるって!?
 じゃかましやい、東北じゃ此処にしかないんじゃ!

バーキン前の入り口は荷物とボディチェックで長蛇の列。
あらら~。
そこ、並んじゃだめっすよ。
ちょっと右に行って自衛隊側の入り口から入れば列無しですぐ入れえるのにぃ~
重いザックを背負い一人歩き初め左に曲がると右38°43′方向に臨時トイレの山!
40基以上はあっただろう。
いやあった筈だ!
簡易便所もあれだけ並ぶと壮観なものである。
と、どうでもいいことに感心して正面を見ると、自衛隊側入口でデッカイ米兵が荷物とボディーチェック!
バーキン前の入り口の長蛇の列とは違い、殆ど列なし状態でみんな、ただ通り過ぎていくだけだ。
爺も何食わぬ顔で通り抜けようとすると、デッカイ米兵が、
 米:「Stop!」
 米:「Open Packing」
何?
ザックを開けろだとぉ~?
正面を向いて話そうとすると、渋茶爺の眼線の高さは米兵の胸で、見上げなければならなかった。
これが上から目線かい!(そんな訳ないでしょ!背が高いだけでしょ!!)
「クソ!自爆テロの秘密計画が洩れていたのか?!」
「チッ!」と舌打ちをし、おもむろにテーブルの上にザックを下ろし、ザックのジッパーを下ろした。
これ見よがしにしっかりと格納された500㎜の白い巨砲を指差し
 爺:「It's my Bazooka!」と言ってやった。
 米:「Waaao!!」と言ってhold-up しやがった。(笑)
 米:「It's Great!」
 米:「Professional photographer?」
 爺:「・・・・」(上目使いに米兵の顔を見上げる爺)
 米:「OK」の言葉が返ってきた。
おもむろにジッパーを閉めると、デッカイ米兵がザックを軽々と持上げ背負わせてくれた。
 米:「Take a good photo!」と言い爺のザックをポンと叩いてくれた。
 爺:「ThX!!」と言い放ち、背をむけたまま、右手を振った。
きっと、あの後姿は「シェーン」と同じ様に見えたことであろう。。。。
(そんな訳ないでしょ!)
ゴルゴ13の如く、米兵の前を堂々と腹にFAT爆弾を巻いたまま通過出来たのは、基地内広しと言えど渋茶爺だけの筈だ。
と一人ほくそ笑む渋茶爺なのだった。
腹のFAT爆弾は発見される事も無く無事通過出来た事に、一安心であった。
[PR]

by shibutya | 2011-09-01 22:40 | 飛行機
2011年 08月 31日

最高の誕生日プレゼント(1) (サンダーバーズ飛来!)

1994年:アメリカ空軍三沢基地で展示飛行を実施。
    (日本で一般公開の展示飛行は35年ぶり、この時に初めてブルーインパルスと競演)
2001年:三沢基地でのショーの計画があったが直前の911テロでキャンセル。
2004年:三沢、百里、浜松と全ての基地での公開が雨天中止となり、また嘉手納も直前のヘリ墜落事故で中止、
    結局日本の空は練習以外は飛ばなかった。

そんな訳で、結局三度目の正直。

2009年10月
あのサンダーバーズが15年ぶりに日本の空に!
(昔NHKで放送していた英国のスーパーマリオネーション人形劇のサンダーバードではない)
三沢基地にサンダーバーズが・・・・

4月に某カメラマンから飛来の情報を貰っていたのだが、
8月末頃から、サンダーバーズで頭の中がぁ~
三沢基地の情報やら、三沢市の情報やら、飛行機オタクのHPやらをリンクし捲くりで情報を集め捲った。

と、言っても渋茶爺はサンダーバーズ初体験で、一生に一度のサンダーバーズになるかも。。。。。
そう思うと、居ても立っても居られず当日早朝3時30分に出発!
快調に東北道、八戸道を走り第二みちのく道の電光掲示板に“三沢十和田下田IC渋滞”の表示
まだ、6時半前だっていうのにもう最終インターは渋滞か・・・ 
迷わず、ひとつ手前の下田百石ICで降りる   と!
松島基地では見たことの無い光景が・・・・

何と、IC出口に制服に身を固めた自衛官の御出迎え。
「おはようございます。此方でございます。」と案内してくれているのがよくわかる。
しかし、その後は案内の自衛官どころか、案内板も碌に見当たらなかった・・・
まあ、普通に三沢空港を目指していけば、到着するしぃ~。
田んぼの中のコンビニで朝食と非常食の準備をし、三沢市内へ・・・・
「臨時P→」の看板発見!
しかし、その辺をウロウロ走っても駐車場が見付からない。
赤信号で周りを眺めると、「おお、ここが大田幸司の三沢高校か!」一人呟いた。
(古~い!!)
そのまま、直進しながら何となく左を見ると「臨時駐車場」の看板があ~!!
一廻りして、協力金壱千也にて無事「臨時駐車場」に駐車。
思ったより駐車台数は少なく中学校の校庭に、50台程度がポツリ、ポツリと駐車されていただけだった。
あのう・・・
P入口と平行に臨時駐車場の看板を置かれても、ドライバーからは見えないんですけど、
運動会の入退場門じゃないんですからぁ~
出来れば、P入口と直角に看板を置いてくれるとドライバーは大変助かるんですが・・・・

延々300kmの道程を走り続け、7時には臨時駐車場に到着し一安心。
知人は前泊で三沢に来ている筈で、基地内の情報を聞こうと思い電話をすると、
暗い声の彼が・・・・
何やら、途中同行の友人が体調を崩し夜中に救急病院に直行したらしく、未だに岩手に居るとのこと。
実に気の毒。
彼の分も楽しまなきゃ!!
気を取り直し20kg+αの重さのザックを背負い、初めての街を人の流れのまま歩くと、勝手に三沢基地の正門前に着いていた。
[PR]

by shibutya | 2011-08-31 23:38 | 飛行機
2011年 08月 24日

たまにはプロペラ機も

もう500mmのレンズは無くなったけど、今年もこんなの撮りたいな!

E-2C (たぶん・・・)
b0199944_193168.jpg

C-130
b0199944_19305917.jpg

EOS-1D MarkⅢ
EF500mm f4.5L USM
[PR]

by shibutya | 2011-08-24 22:56 | 飛行機
2011年 08月 22日

”ありがとう”「東松島元気フェスタ」(3)

Blue Impulse Jr も
b0199944_033132.jpg

EOS-1D MarkⅢ
EF24-105mm F4L

b0199944_032021.jpg

EOS-1D MarkⅢ
EF300mm f4L IS USM
[PR]

by shibutya | 2011-08-22 00:06 | 飛行機