高見屋敷  ~渋茶爺の戯言~

shibutya.exblog.jp
ブログトップ
2010年 12月 14日

「 下手な鉄砲も数撃ちゃ当たる!? 」(1)

2008年 3月
やっと雪が融け始めた頃、ちと訳有りな友人から連絡が・・・・
欲しいものリストを知人にばら撒いて、誰かが見つけてくれたら儲けもの的に
無駄に飛ばしたメールに肴がかかった!

「EF500の極上新古品あるよ」(でも、ちと問題が・・・の但し書き付き)の嬉しいメール!!
「『EF500 f4.5』だよ『f4 IS』じゃないよ」の但し書きが・・・・
「クソ、f4.5か!ISなしか!」
見向く気にもなれなかった。
が、メールの最後にちっちゃな文字で○○万円と、書いてあるではないか!
嘘でしょ!
超破格値でも『 EF500 f4 IS 』は68万なのに、
(なのに貴方は京都に行くの、京都の街はそれ程いいの~♪♪。。。)
あなた その値はないでしょか (日ごと寒さがつのりますぅ~♪♪。。。)

な・な・な・なんと!
其の半分以下で『憧れの500mmの世界が爺を待っている』
「どうせ外で使うんだからfは0.5暗くてもいいや!」
「一脚使うからこの際、IS無しでもいいや!」
目先の事しか見えない短絡的な発想が、シワの少ない脳味噌の中を駆け回って自制心(の欠片)を
何処かに追いやっていた。
そして、ふと気付いた時には振込みを済ませ、
ブツの到着する日を首を長ぁ~くして待っている爺がいた。
(この間の自分の行動に全く覚えが無いのは言うまでも無い)
[PR]

by shibutya | 2010-12-14 23:26 | 回顧録


<< 「 下手な鉄砲も数撃ちゃ当たる...      お尻 >>